はじめての方

セクキャバでの1日の流れ

このコーナーでは、セクシートクキャバの運営スタッフがランパブ、いちゃキャバ、セクキャバなど様々なジャンルの現場出身者であることから、セクキャバ初心者の女性に本番を想定した専門的な接客業務をご紹介いたします。体験入店(体入)前にこのコーナーを見て、セクキャバ求人のイメージトレーニングをしましょう。(お店によって、アルバイトの業務内容に多少の違いはございます。)

1.出勤 2.つけ回し 3.接客テーブル業務 4.お客様待機 5.お見送り 6.退出

1 出勤

ヘアメイク

ランパブ、いちゃキャバ、セクキャバなど夜のお仕事ではメイク・ネイル・ヘアスタイルなど、美容のケアやお手入れが欠かせません。そこで大部分のお店ではヘアメイクさんが常駐しヘアメイクのお手伝いを行います。その場合、完全予約制が多いので早めに出勤して予約をいれましょう。また、接客時はドレスアップが必須のため、お店ではドレス(スーツ)をレンタルするケースもあります。ご自身でお気に入りをご用意していただいても構いません。その場合ロッカーキーを配布しご自身で管理してもらいますので、受付け(キャッシャー)で借りてください。

タイムカードの打刻

ヘアメイクを終え、仕事の準備をします。接客の心得として「服装,ヘアメイク,化粧,持ち物(ハンカチ,ライター,名刺,ボールペン,携帯電話等)」を忘れずに。準備が終わったら受付け(キャッシャー)にてタイムカードを打刻してください。打刻後、出勤者リスト、日払い用紙を記入し、ホールで待機してください。

※キャストのタバコ購入は出勤前に済ませておくこと。
店内では購入出来ないケースが多いです。

2 つけ回し

お客様が来店されると、付回しの男性スタッフがキャスト女性を席に案内しますので、呼ばれたらすぐ付回しの男性スタッフのもとに行き、速やかに指示に従いましょう。
1テーブル15分~30分接客します。
その後、名前(源氏名)を呼ばれたら席を抜けてきてください。

つけ回し合図

3 接客テーブル業務

接客テーブル業務には、以下の3種類があります。

フリーテーブル

指名がない席です。時間内に自己紹介し、お客様にしっかりアピールしてください。

指名テーブル

ご自身を指名して来店してくれてる席です。
指名や場内指名のお客様に接客中であっても、別のフリーのお客様につくケースがあります。

ヘルプテーブル

指名キャスト女性の席(指名席)に一緒につきます。
または指名キャスト女性がいない間、変わりにつく席です。
お客様と連絡先を交換することは禁止です(お客様が望んでも禁止です。)

接客テーブル業務イメージ
  • 名刺交換
    渡すタイミングは最初か最後もしくは話の流れで、必ず連絡先を付けて渡しましょう。
    その際お客様の名刺も頂いてください。
  • 乾杯
    飲み物を頂いたら人数分乾杯をしましょう。
    その際お客様のグラスより下で乾杯します。
    席を離れるときも同じようにしてください。
  • タバコ
    お客様がタバコをくわえたら火をつけてください。
    顔の前ではつけないように、キャスト女性が吸う場合は必ず一言断りましょう。
  • コール
    ウエイターを呼ぶときやサインを送るときは、「お願いします」と手を挙げてください。
  • 水割り
    最初に作った後は6分目になったら注ぎ足していってください。
    その際、グラスについた水滴をハンカチで拭きましょう。
  • 灰皿交換
    灰皿は1本交換です。汚れた灰皿はきれいな灰皿を重ねてください。
    キャストは使用済みの灰皿を使ってください。
  • フード
    人数分取り分けてください。キャスト女性はお客様より先に手をつけてはいけません。
  • テーブルクリア
    テーブル上は常にきれいな状態を保ってください。
    飲み終えたグラスや使用済み灰皿等端に寄せて下さい。ウエイターがさげます。
  • トイレ
    お客様がトイレに立ったら一緒にご案内してトイレの前でおしぼりを持って待機してください。
  • VIPルーム
    オーダーに関しては全てインターホンで受けます。
    大部屋の場合、相席もあるので卓番も伝えましょう。
男性スタッフへの接客テーブル業務時サイン

4 お客様待機

待機時の姿勢

お客様を意識して姿勢を正しましょう。
足組み腕組み肘つきも禁止です。
またポーチや持ち物もテーブル上に置かないようにしましょう。

携帯電話の使用

メールはOKですが通話は店外で行うようにしましょう。
私用電話は禁止です。

化粧直し

トイレで行うようにしましょう。

飲食

飲食禁止です。

5 お見送り

「終わりよければすべて良し」・・・お客様にとって、エレベーターに乗る前の最後の印象は強く残ります。

  1. ■ 会計終了後にお客様が立ち上がります。
  2. ■ 預かり物はキャッシャー(受付)に用意してあるので、お客様より先に行って手渡ししてあげてください。
    コート類の場合はキャスト女性が背中から着せてあげるといいでしょう。
  3. ■ エレベーターの前までお見送りしてください。
  4. ■ ヘルプのキャスト女性であれば、指名のキャスト女性に「ごちそうさまでした。」その逆であれば「お疲れ様でした。」のあいさつを忘れないようにしましょう。

6 退出

退出時タイムカードは、キャッシャー(受付け)が押します。
退出時間が来たら、スタッフに確認してから着替えを始めてください。
出勤担当者と出勤予定の確認を必ず行ってください。
退出時、お客様とエレベーター、通路、ホールでお会いした場合は、笑顔で会釈し挨拶を忘れず、お客様優先で行動してください。
ご自身が知らないお客様でも、変わらず丁寧に接しましょう。
いずれご自身のお客様になる可能性があります。

店外営業の仕方

お客様と店外でコミュニケーションをとることは、お客様に対するサービスとして大事なことです。(お店の中だけがお仕事の場ではありません。)

新しいお客様の場合は必ずこちらから連絡先を渡し、お客様に好感をもっていただくことが大切です。
お名刺をもらうことを忘れずに。

翌日の昼間、もしくはその日のうちにお礼のメールや電話をしましょう。

お客様とは常に連絡を取り、事前に予定を把握しておくといいでしょう。

出勤前の食事の誘いは、同伴につながる場合があるので、してみる価値はあります。

男性スタッフとのコミュニケーションの取り方

女性キャストと男性スタッフが力を合わせて、お客様をもてなすのがお店のお仕事です。
お客様をもてなす上で必要なことであれば、積極的に男性スタッフに頼みましょう。


お客様とトラブルになりそうになったとき、すぐに男性スタッフに相談してください。

女性キャストの悩みを聞くのも男性スタッフの仕事です。
仕事での悩み、プライベートでの悩み、何でも気軽に男性スタッフに相談してみましょう。

男性スタッフの仕事にクレームがあるとき、本人に話をするのではなく、まずはお店の店長などの上司に相談してみましょう。

お客様と守れない約束をする、アフターや同伴の約束を曖昧にするなど、店外での行為に対して、お店によっては責任を負えない場合もあります。 ご自身の責任のもとに対処しましょう。

以上が【セクキャバでの1日の流れ】になります。お店のジャンルにより必ずしも上記の通りではありません。

一見華やかに感じられる夜のアルバイトのお仕事ですが、お客様への気配りを忘れてはならない事に変わりはありませんね。気苦労も多いお水の仕事は、他では得る事のできない出会いとチームワークの達成感があります。
セクシートクキャバでは未経験の方へ、ノルマ無し・全額日払いOK・高待遇・高時給・高収入のお仕事をご案内しますが、面接までの心構えとしてナイトワークのイメージをふくらませる事は大変意義があると考えています。セクシートクキャバは面接へ同行し、お店の見学も大歓迎です。地方の方は寮完備もあります。セクキャバ求人サイトを活用して夜の世界へデビューしましょう。